top of page

AI時代に求められるこれからの学校教育


AI技術がますます進化する中、独自の能力が求められて、今までにない新しい仕事が増えていくことは間違いありません。その状況下で、「素直さ教育」を実施することで子どもが自分自身を肯定し、自信を持って社会に出ていくことができます。自分自身の可能性を広げ、未来に向けて必要な能力を備えた人材となることができます。

そのためには、学校教育において、今までの記憶優先の詰め込み式の教育ではなく、自分自身で学ぶ楽しみや、知ることの喜びを育む「素直さ教育」を実践することが必要だと考えています。AIの教育現場での活用はこれまで以上に知る喜びを感じさせてくれます。その中で子どもたちは、自分を発見し、自分自身で考え、自分自身で解決策を導き出していきます。自分で考え、自分で問題を解決することができるようになれば、未来に向けて必要とされる創造性や柔軟性といった能力も身につけることができます。

「素直さ教育」を実践するためには、教員や保護者が子どもたちの可能性に限界を課さず、失敗を恐れずに多くを学ぶ姿勢を尊重することが必要です。失敗すると大変だと思わせないような環境を整備することも大切です。失敗を恐れずにチャレンジできる環境を整備することで、子どもたちは自分の可能性をより広げ、新たな可能性に挑戦することができるようになります。

学校教育において、詰め込み式の教育から「素直さ教育」への転換が必要であることは明らかです。AIが社会に溶け込んだ今日、素直にワクワクしながら挑戦する姿勢を持ち、失敗しながら多くを学び、自分自身を肯定し、自信を持って社会に出ていくことができるようにするために、素直さ教育を実践し、先生も含めて自分自身の可能性を広げることが大切です。 新しい社会の変化に地域みんなで取り組んでいきましょう。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page