top of page

なんとなく不安そうな顔してませんか?

更新日:2023年5月9日



子どもたちが学校に通い始めてから、数週間が経過すると、5月病の様に学校やクラス、友人関係に悩む子どもたちが出てきます。小さな不安がたまってどうしたら良いかわからない状態になってしまうことも多くあります。


子どもたちが学校に通う上で、楽しく過ごすためには、親が子どもたちに寄り添うことが大切です。新しい環境に適応するためには、少し時間がかかることもあります。一緒にいる時に、穏やかな言葉かけや手作りのおやつなどを用意してあげましょう。

また、子どもたちにとって学校は、新しい友達を作る大切な場所でもあります。自分から声をかけることの大切さを伝えてあげることも必要です。

しかし、子どもたちが自立するためには、一定の自己解決力が必要です。保護者は、子ども自分で問題を解決できるように、アドバイスをしてあげることも大切です。

子どもたちが楽しく学校に通うためには、保護者がや先生が子どもたちの味方であると感じることが大切です。そして、子どもたちが悩んでいる時に、共感し、優しく支えることが必要です。 子どもたちが楽しく学校に通うためには、家庭と学校が協力して、子どもたちが自分らしく成長できるようにサポートしていけるように、日々考え話し合うことが大切だと思います。



閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page